top of page
Home
  • Spotify
  • Apple Music
  • Amazon
  • Youtube
  • Tidal
high res3 (2).jpg
ミシェル・マランによる写真

小橋敦子

ジャズピアニスト

Curiously, I feel that the uniquely Japanese aesthetic senses of "transience" and "impermanence" seem to be somehow connected to jazz. Spontaneously produced improvisations are only for the moment, and they evaporate into the air as soon as they are produced. It is reminiscent of the Japanese Zen teaching of "the aesthetics of imperfection." I want my music to flow as naturally as “Sumi-e” (Japanese ink- brush paintings).    - Atzko Kohashi

News

Kohashi/Overwater/Kaptein

JAPAN TOUR 2024

June 20 ~ 27
Kobe ~ Tokyo ~ Hokkaido ~ Yokkohama ~ Oiso ~ Tokyo

6.20(木)神戸 100BANホール www.100ban.jp/posts/20240620atzko/

open 18:30 / start 19:00

6.21(金)東京 渋谷公園通り Body & Soul www.bodyandsoul.co.jp

open 18:30 / start 1st 19:30 /2nd 21:00

6.22(土)北海道 幕別町

ジュニア·ジャズ·スクール  ワークショップ 13:30

 

6.23(日)北海道 幕別町百年記念ホール 講堂 www.m100.jp

open 13:30 /start 14:00

 

6.24(月)横浜 ジャズ·スポット Dolphy dolphy-jazzspot.com

open 18:30 /start 19:30

 

6.25 (火) 大磯 SALO www.mynameissalo.com *Atzko Kohashi & Sebastiaan kaptein Duo

Afternoon show:  open 14:00 /start 14:30

Evening show: open 18:00 /start 18:30

 

6.27 (木) 東京 六本木 SatinDoll www.satin-doll.jp *Atzko Kohashi & Tony Overwater Duo

open 18:15 /start 19:00

Atzko_Japantour2024 digital version v7.pdf.png
Open Atzko_Japantour2024 PRINT Ready v4 2.png

This project is supported by Embassy of the Netherlands in Japan, and Culturele Stichting Felis Catus​

IMG_1920.JPG

Upcoming Concerts

Jazz Concert, A Drum Thing: Tony Overwater(bass) & Atzko Kohashi (piano)
Sijthoff.jpg
at Sijthoff , Leiden  May 24 20:00-22:00
Red Light Jazz Festival: Denise Jannah (vocal) & Atzko Kohashi (piano)
Denise Atzko Red Light jazz festival.jpg
at De Waalse Kerk  June 8  20:15~

Dubbel Duo Concert, Jazz Dagen Harderwijk

Atzko Kohashi & Tony Overwater
Angelo Verploegen & Jeroen van Fliet
At Catharinakapel Harderwijk december 8  14:30~

duo-dubbelconcert-Verploegen.jpg
Biography

バイオグラフィー

vlcsnap-2015-08-27-20h58m58s80 (3)_edited.jpg

現在アムステルダム在住の小橋敦子は、国際的なバックグラウンドを持つ日本人生まれのピアニストです。 5 歳までに、彼女の音楽の道はクラシック ピアノの勉強から始まりました。東京の慶應義塾大学で法律を勉強している大学時代に、彼女は大学のジャズ ビッグ バンドに参加し、東京のジャズ シーンでギグを始めました。 1994年から2001年までニューヨークに住み、ジャズマスターのスティーブ・クーンに師事。このようにアツコは、日本、アメリカ、ヨーロッパの 3 つの異なる文化を経験してきました。このような多文化的背景は、彼女の音楽観に確実に影響を与え、彼女のユニークな音楽スタイルにつながっています。 「暖かく、自然で、人間的」「静水は深く流れる」「多すぎず少なすぎず、それは禅の哲学に共通しているようだ」 - 評論家は、ピアニストの小橋敦子の演奏について説明しています。彼女の音楽的ルーツはジャズですが、メロディーを自分の声に合わせています。

 

2005年にアムステルダムに引っ越した後、彼女はオランダのベーシストFrans van der Hoevenとデュオを結成し、2009年にデュオアルバムAmstel Moments、2013年にWaltz for Debbyをリリースしました。その後、3 人のミュージシャン全員が集まり、アルバム Lujon をプロデュースしました。 2013年と2016年、アツコはデュオとトリオとして日本ツアーを行った。

 

2017 年には、ロシアのクラシック チェロ奏者 Maya Fridman と一緒に Elegy というアルバムをリリースしました。 Atzko はまた、オランダのスリナムの歌手 Denise Jannah を伴って、彼女の最初のビニール アルバム Lost & Found をリリースしました。 Atzko と Denise は、2020 年 10 月にアムステルダムの DeLaMar Theatre でデュオ コンサートを成功させました。 2019年。

 

2020 年、Atzko は Metropole Orchestra のパーカッショニストである Eddy Koopman とレコーディングを行い、彼らのアルバム Sketches of Seasons が 2o21 にリリースされました。彼女は現在、ベーシストのトニー・オーバーウォーターとデュオとしてチームを組んでおり、彼らの最新アルバム「クレセント」は、日本とオランダの両方のレコード・レーベルからリリースされました。アルバム「Crescent」は、クラシック音楽ファンだけでなく、日本とヨーロッパの両方で多くの批評家やファンから好評を博しています。クレセントは、Der Preis der deutschen Schallplattenkritik (The German Record Critics' Award 2/2022) と Dutch Edison Award (National category) 2022 にノミネートされました。このデュオは新しい録音を終えたばかりで、来春にリリースされる予定です。

特にピアノの音色の美しさには定評がある。そのため、彼女のアルバムは、音楽愛好家とオーディオマニアの両方から高く評価されています。

プロジェクト

Atzko Kohashi (piano)・Tony Overwater (bass)

A Drum Thing
A Drum Thing CD cover.jpg
Recorded at MCO, Hilversum on 15th Dec, 2022 
Mini- documentary - The making of the album 'A Drum Thing'
It Should've Happened A Long Time Ago / For Turiya
Tale of the Fisherman

クレセント

「クレセント」はオランダのエジソン ジャズ アワード 2022 および Der Preis der deutschen Schallplattenkritik (ドイツ レコード批評家賞) 2022 にノミネートされました。

「非常に洗練された日本人/アムステルダムを拠点とするピアニストの小橋敦子と同等のベーシストのトニー・オーバーウォーターは、常に優れた室内ジャズを提供します。彼らのクレセントのアルバムはミュージカルスターメニューのように聞こえます。レパートリーの選択、音響、テンポなど、すべてが細部にまで及びます。そしてその解釈はすべて上品であると同時に繊細です。" 

          _cc781905-5cde-3194 -bb3b-136bad5cf58d_           _cc781905 -5cde-3194-bb3b-136bad5cf58d_        _cc781905-5cde-3194-bb3b -136bad5cf58d_ – エジソン ジャズ アワード 2022

Europen edition          _cc781905-5cde- 3194-bb3b-136bad5cf58d_                     _cc781905-5cde-3194 -bb3b-136bad5cf58d_           _cc781905 -5cde-3194-bb3b-136bad5cf58d_     _cc781905- 5cde-3194-bb3b-136bad5cf58d_     日本語版
​➡ アツコ&トニーインタビュー by Jazz Tokyo

Virgo

KOHASHI-OVERWATER-VERPLOEGEN trio

Atzko Kohashi, piano
Angelo Verploegen, Flugelhorn
Tony Overwater, bass
"Virgo"was recorded at MCO studio in Hilversum on March 29th, 2018
Virgo_Albumcover.jpg

Eddy Koopman (パーカッション) ・小橋敦子 (ピアノ)

photo by Rob Becker

    Sketches of Seasons      _cc781905-5cde -3194-bb3b-136bad5cf58d_         _cc781905-5cde-3194-bb3b- 136bad5cf58d_  

IMG_0116.jpg
IMG_0113.jpg

HYBRID-2チャンネル-SACD Rhapsody Audiophile Recordingsによるハイダイナミック録音

「瞬間と感情に駆り立てられる即興演奏。Sound Liaison の RAR シリーズで使用されている直接的なアンビエントのようなレコーディング技術により、リスナーはレコーディングに完全に没頭することができます。

季節の音楽的実現が魔法のように描かれています。まるで美しい夢の中にいるかのように。パレットは、新たに芽吹く春、輝かしい夏、メランコリーな秋から、居心地の良い冬の抱擁にまで及びます。」
          _cc781905-5cde-3194 -bb3b-136bad5cf58d_           _cc781905 -5cde-3194-bb3b-136bad5cf58d_         _cc781905-5cde-3194- bb3b-136bad5cf58d_           _cc781905- 5cde-3194-bb3b-136bad5cf58d_     _cc781905-5cde-3194-bb3b- 136bad5cf58d_  - ネイティブ DSD

DSC_8257 (2).JPG

デニス・ジャナー(声)・小橋敦子(ピアノ)

探し物を見つけた

625c70e7-a8e0-43cf-9859-a7b0a7c09721.JPG
Denise & Atzko at Dela Mar Theatre, アムステルダム 2021
Lost & Found album image.jpg
ラプソディ・アナログ・レコーディングス
最高の情熱に完全に夢中になっている 2 人のトップ ミュージシャンがいます。高く評価されている 2 人のレディー オブ ジャズが互いに、そして聴衆を最高の高みへと導く強烈でピュアなケミストリーを目の当たりにすることができます。
          _cc781905-5cde-3194 -bb3b-136bad5cf58d_           _cc781905 -5cde-3194-bb3b-136bad5cf58d_         _cc781905-5cde-3194- bb3b-136bad5cf58d_           _cc781905- 5cde-3194-bb3b-136bad5cf58d_     _cc781905-5cde-3194-bb3b- 136bad5cf58d_- ハーデルウェイク、ジャズダーゲン

あつこ / ソロ・ピアノ

IMG_7983.JPG
IMG_7984.JPG

Reviews

”European flavor with Japanese taste - Music played Atzko Kohashi has an aesthetic restraint, being neither too much nor too little, which seems something common with Zen philosophy.”   Keiichi Baba

 

"Natural, Warm, Human; the melody of life abroad from Atzko Kohashi"   The Holland Times

Still waters run deep. A saying that certainly applies to pianist Atzko Kohashi    Ernst Reijseger, Jazzenzo

‘The performance is characterized by the deep insights and rich nuances brought out by Kobashi. Tony's bass, responding to that, seems to possess its own unique philosophy. There is a deep resonance of thoughts between the two.’
“In their music, nothing is obvious, nothing is random. Kohashi and Overwater adhere to the principle of Open Form, represented by all the composers who signed their works on the album.”    M. Takahashi, Jazz Tokyo

 

"Kohashi and Overwater's duet album 'Crescent' provides an excellent example of fully utilizing the potential of the score, interaction, and improvisation.”

 

"The musicians bring to the surface a more reflective than expressive charge of the compositions, with a poetic, dreamy aura prevailing throughout.”      Krzysztof Szamot, MultiKulti.com
 

"The highly refined Japanese/Amsterdam based pianist Atzko Kohashi and equivalent bassist Tony Overwater invariably deliver excellent chamber jazz. Their Cresent album sounds like a musical star menu, everything is right down to the smallest details: The choice of repertoire, the acoustics, tempos and interpretations are all as delicate as they are tasteful."     Edison Jazz Awards 2022

“Another album confirms the high aesthetic awareness and the great creative and interpretive possibilities of this extraordinary artist duo. Atzko Kohashi and Tony Overwater play brilliantly, are uncompromising in their narrative structure and convince with their articulatory and textural concepts. This album will not leave anyone indifferent, great music!”      JazzFun.De

 

“With bowed bass and deftly plucked lines, Mr. Overwater forms the melodious counterpart to Kohashi's almost classical keyboard sounds. Together they can also swing wonderfully, the warm sound of the piano and the round tone of the double bass alone are great pleasure.”     https://www.nadann.de

 

“The emotional density with which the duo of Dutch bassist Tony Overwater and Japanese pianist Atzko Kohashi deal with John Coltrane compositions reveals how they have internalized the spirituality of his music.”

Gerd Filtgen, https://www.stereo.de/
 

“Pretty daring to perform Coltrane's music like that in duo setting without sax, but it works. Not only are three of Crescent's pieces played with suppleness and empathy, there is also room for one of his own pieces and the well-suited, harmonically played standard What's New.”       Gijsbert Kamer, Volkskrant

“Lonnie's Lament' is without a doubt one of the highlights of the album, with a beautiful interplay that develops in which you can dream away.”

 

"The beautiful sound of the music on this album is of course primarily due to the two musicians, but the location also plays a role, recorded in the Beauforthuis in Austerlitz, a former church with special acoustics.”

Jan van Leersum, Rootstime

 

"Here is an album with a marked inspiration where Atzko Kohashi and Tony Overwater show a great sensitivity and a perfect communion of spirit.”     Jazz’Halo

Discography

ディスコグラフィー

Photo Gallery

Contact

コンタクト

私に連絡して

bottom of page